自分の足で歩く。

スキー&スノーボード2004-2005

カテゴリ:イタリア人( 15 )

電車。

イタリアの電車の悪評判は有名ですが、2年毎日電車通勤してても、改善の兆しゼロ、なのに、値段ばかりあがっていく。どうなんでしょ、コレ。テレビで、イタリアの電車の「菌」の数は、トイレ以上だってくらい、とにかく汚い。運がよければ、一ヶ月に2回くらい、綺麗な新車に乗れるくらい。あとは、なんか、「なんのシミやねん」っていいたくなるようなシミが座席についてたり、座席のカバーが「誰かが150年くらい愛用したってこんなにすりきれへんのに」っていいたくなるくらい擦り切れてたり、最悪なかったり(はずされてて)。床には、正体不明の液体の後があったり、何があっても、電車のトイレには行きたくない、というか近寄りもしたくない。

夏のめっちゃ暑い日に冷房がきいてない、肌寒い日に冷房がきいてる、めっちゃ寒い日に暖房がきいてない。冬は、マフラー、手袋したまま。夏は、冷房もきいてないのに、窓も開けられない。最悪なのは、電車のドアが開いたまま....。信じられないようだけど、2ヶ月に一回くらいあるのよ。あと、電車のドアが開かない...。信じられないでしょ?イタリアの電車、正しい電車に乗れたらいい、ってわけではなく、降りるまでが冒険なの。ほんと。過去何回、ドアがあかなくて、となりの車両のドアまで走ったことか…。

ここで、イタリア電車クイ~ズ!!

Q1)ミライママは、40分の電車の旅のすえ、目的地の駅に着きました。さて、降りようとドアの前で待っているのだけれども、ドアが開かない。隣のドアもあいてない。誰もおりてない。さて、どうしたでしょう。降りれないものは、仕方ない(爆)。早速車掌さんを探して、文句をいいました。ミライママ「この電車準急だから、次は終点地になる。終点までいって、乗り換えて、なんてしてたら間に合わん。」車掌さんの返事は.....。

Q2) ミライママは、その日仕事が片付かなくて、少々遅れて会社をでました。駅に着くと、いつもの電車は、もう出発直前(一時間に2本しかないのよ)。今いるホームは、一番ホーム。電車は4番ホーム。あ~、間に合わん。線路渡っちゃおうかな、でも、駅員さんたちいるし....。どうしよう。このあとミライママは.....。

Q3) ミライママは、電車をまっています。出発時間は06:19。ボードをみると、5分遅れとのこと。もちろん、英語/イタリア語で示されています。時計をみると、06:30。なんの放送もないし、ボードも5分遅れのまま。06:35、やっと放送がありました。もちろんイタリア語のみ。放送がいうには......。

Q4) ミライママは、電車をまっています。出発時間は06:19。ボードをみると5分遅れとのこと。時計をみると6:30。ボードは15分遅れになり、40分遅れになり、遅れはどんどん増えていきます。7:10。放送がありました。放送がいうには....。

Q5)  ミライママは、電車をまっています。出発時間は06:19。ボードをみると5分遅れとのこと。時計をみると6:30。ボードは15分遅れになり、40分遅れになり、遅れはどんどん増えていきます。7:10。目的地方向へ向かう電車があります。6:19の電車は各駅停車。各駅でしかとまらない電車を待っていた人には、この7:10の急行では自分の目的地には着けません。駅のホームのあちこちから怒鳴り声が.....。放送がありました。放送がいうには.....。

Q6) イタリアの電車は駅の窓口、または自動切符販売機でチケットを購入します。以前は、電車の中でも購入できたのですが、今は、「切符なしでの乗車は不可能=罰金」となっています。そんな中、ミライママは、切符なしで乗車しました。なぜでしょう。

Q7) ミライママは無事に電車の切符を購入しました。電車にのると、早速車掌さんが切符の点検にきました。「おい、お嬢さん、刻印押してないじゃないか?これじゃ、切符は有効じゃない。罰金だ~!!」ミライままは、激怒して言い返します....。

Q8) 今日は残業したくなくても、残業です。いつもは17:35の電車に乗れるように会社をでるのですが、今日は18時まではいやでも待機です。なぜ?

Q9) ミライママは17時45分に絶対はずせない大切な仕事の打ち合わせがあります。17時30分には駅に着きたい。一番いいのは、車で行くことなんだけれども、車がない。アスティからトリノは電車で約45分。今は13時。時刻表は次の通りです。
15:15 – 15:55 (急行) ジェノバ発
15:45 – 17:00 (鈍行) ボローニャ発
15:55 – 16:45 (急行) ナポリチェントラーレ発
16:20 – 17:10 (準急) ジェノバ発
どの電車にのるのが一番よいでしょう。

Q10) ミライママは駅に切符を買いにいきます。今日は月末でもないし、そうは混まないだろうと、出発時間30分前に駅へ.....。窓口は奇跡的に6個中3つも開いてます(嬉)。人は、窓口に5人(カップル一組、親子一組、おじいちゃん)、列にはミライママの前にひとりだけ。5euro握り締めてるってことは、電車のチケット購入にきまってる、はやく着すぎちゃったかな、な~んてたわけたことをいったミライママ。結局30分ぴったし待たされました。なぜ?

Q11) ミライママは2005年7月にトリノから電車でミラノ乗換え、スイスはチューリッヒに行きました。トリノ発の特急の電車が遅れたため、チューリッヒ行きの急行電車に乗れませんでした。ミラノの駅で、電車のチケットの払い戻し(特急券分)をしました。その結果....。


Q12) ミライママは先月、2時間会社に遅刻しました。朝、駅にはいつもどおり6:15には着いていましたよ、もちろん。なぜ2時間も?!

答えは?!
[PR]
by piccolamirai | 2007-10-12 23:25 | イタリア人

..........。

今日はミニスカートをはいてみた。
ってのも、ポロシャツ+ミニスカート+ペタンコブーツって組み合わせが好きなんだけど、夏はブーツ暑すぎるし、冬はミニスカート寒すぎるし、今のような涼しいくらいが唯一、この格好できる時期でしょ。

ってことで、

今日はミニスカートをはいてみた。

ラジエーターの生産状況を確認に工場に降りてみた。

どうも「前」から「後ろ」への視線を感じたので、後ろを振り返ってみた。

背中側の通路両脇(約10m)にいる男たちが全員仕事のてをとめて、私を見てた....(爆)。

今日、やけどをした人が1名。よそみをしていて、クレーンに頭をぶつけた人1名。

ってか、足出しただけで、まるで女優さんか、モデルさんのような視線を浴びさせてもらえます。



でも、ミニスカート禁止令が出されました。
[PR]
by piccolamirai | 2007-09-14 00:07 | イタリア人

夏がく~ればおもいだす.....。

ダラダラ長い上、説教臭くなりますゆえ、御覚悟の上、どうぞ.....。

ワタシのハニーは、北生まれ、北育ち、ピエモンテ-ゼも話せる、純ピエモンテーゼです。外国人のパートナーがいると、どうしても「日本人とはどう違うの?」って話題がでてくることが多々あります。「が」正直、一度付き合い始めると、相手を「イタリア人」として認識することがほとんどないってのが現実なような気がします。前もどこかで書きましたが、「国籍」ってのは、彼のアイデンティティーの一部であって、それは「男」とか、「理系」とか、そんなものとおんなじで、ふとした瞬間に思い出すことはあっても、それ以上のものでは絶対になかったりします。


よく聞かれること。
「やっぱイタリアの男の子って、ロマンティックなの?」って。「プレイボーイなの?」って。
イタリア人と付き合ってたり、結婚されている方のブログを拝見させていただいていると、演出上手なロマンティックなパートナーお持ちの方、多々おりますね。でもね、私の個人的な意見としましては、日本人の男の子のほうが、ロマンティックなのではないかと、思います。日本の雑誌とかをみていると、「彼がしてくれたサプライズ」とか「クリスマス、どう過ごしましたか?」とかあるでしょ。横浜に夜景を見に行ったとか、コインロッカーの鍵渡された、とか、テディーベアが指輪抱えてたとか…..。


私の周りがカラッカラにひからびてるのか、どうかは疑問ですが、そんな話、こちらでは聞いたことございません….。「食事」がメインイベントですから….(笑)。いきなり、いいレストランに連れてってくれた、とか、家に帰ったら食事が準備してあった、とか、特大ケーキが届いた、とかってのは聞きますが、聞いてるほうが、殺意を感じるような甘いサプライズは聞いたことないかも(爆)。私の誕生日もレストランでした。プレゼントはね、なんたって、「いらないものより、『必要』なもの」って思うらしく、私の同意を得て購入。でも、サプライズでも欲しいし、でも私もやっぱ、いらないものは欲しくないし…。いや、感謝はするけど、ワタシ、「落胆」とか「期待はずれ」とか、無意識のうちに「顔」に出てしまうようで(爆)。それを避けるためにも、ここ一年、「誕生日に欲しいものを無意識に彼の頭に刷り込もう」作戦実施中(笑)。昔ね、「自分で歌った『ラブソング』集」みたいのもらったことあってね、「リング」ではありませんが、捨てたら呪われそうだし、もってるのもいやだし…..。どんなに想いがこもってても、やっぱり、「うれしい」プレゼントが欲しいものですよね(爆)。


口では何とでもいえますけど、こう配慮のいったロマンティックは演出のできるイタリア人ってどのくらい、おるんでしょうね。「君のお目目が魅力的」だの、「君はなんて綺麗なんだ」だの言ったって、一銭もかかりませんからね(笑)。前、雑誌で、「日本のちょい悪おやじは、イタリア男を目標にせよ」みたいなことが書いてあって、ジローラモさんがモデルに「モデル○○、ジローラモさんとデート」みたいのがあったのね。超爆笑。こりゃ、イタリア男、日本での株はかなり高いはずだわ、って思いました。
だってさ、

a)大人なのに、少年の心を忘れないこと
私の周り、大人なのに、まったく成長していない、少年の心持った人、いやってほどいますもん。ちなみに少年の「脳みそ」までついてますし。
いいかげん、40過ぎてんだしさ、ってのにいまだ20台とかわらない人、20歳近いのに、12歳とあまり変わらない若者、結構いますもんね。

b)「仕事」は「恋人」ではなく「趣味」である。
これも本当。仕事は「趣味」だから、疲れているときとか、飽きてきたら「やめる」または、超「適当」。「趣味」だから、風ひいたり、ちょっとだるかったりすると、1週間平気で病欠もとる。趣味の時間は「限られて」いるので、8時間の就業時間がおわれば、すぐやめる。けじめは大切ですからね(笑)。うちは、16:45退社なのですが(もともとは、17:00だったのを、「道の混雑を避けるため」って理由で早めたの…)、16:15から、帰宅準備ですから(爆)。

c)80%の余裕で、120%の実力を発揮する。

ジローラモ先生、私、まだ、このような人に出会えたこと、ほぼありませんが、イタリアのどの辺をさがせば見つかるのでしょう?余裕なくて、必死こいて仕事して、実力を発揮している人にはあったこと多々あり。80%の余裕で、80%の実力を発揮している人も有。80%の余裕で、40%の実力も発揮していない人も多々。つうか、うちの会社は、第3のカテゴリーが80%なり。そんな余裕あるんなら、仕事しろよ、みたいな人多いです(笑)。


あっ、もちろん「日本男児保護委員会」のメンバーとしてイタリア人には、「日本男児」がどれだけよいかも語りますよ。ま、でもどれだけ熱く語っても実際付き合っているのはイタリア人ですからねえ…(爆)。どれだけ説得力があるかは、ハテナちゃんです(爆)。


んで、こっちきて思ったこと。一般に「プレイボーイ」っぽいよね、ってのに当たりはほとんど無し(爆)。いわゆる「イメージ」としてのイタリア男、お口が達者で、女をみれば声をかけずにはおられず、スキンシップもかかさず….ってのは、存在しますよ、確かに。でも、私のすんでいる地域には少ないですよ、正直。それも、こういうチャチ男どもも、基本的には複数で行動している人がほとんどで、ピンになると、「極普通」だったり。反対に、「ピン」でもこういう人って、ある意味「危険」だったりするし…。

「女」とは彼らにとっては、「性的」なものをかんじさせる存在なんでしょうね。顔が超かわいくたって、ヒッピー系、ストリート系、超コンサバティブな格好していては、彼らの眼中には入れませんね(笑)。胸開けて、ピッタピタの格好すれば、すぐお声はかかります。だってさ、足さえでてれば、後姿だけで声かかりますから(爆)。


私はシングルの頃、ちょうど女友達がだんなさんと別居しはじめた、ってのもあって、しょっちゅう彼女と出かけていたのね。彼女も別に別居とはいえども、男探し、っていうのではまったくなく、私も「お母さん」のように私を守ってくれる彼女との外出は好きで、ま、楽しい期間をすごしていたわけです。
そんな中で、やっぱ女のみの集団に「興味」を示す「男児集団」も多々おるわけです。


ちなみに、イタリア(ミラノだの「垢抜けた都会」は別ですが)のディスコ(Discoteca)は「バカ」でかい。たいてい郊外にあって、車でしかたどりつけない。こういうとこには、15歳くらいの女の子から、20代前半を中心に、50代まで幅広い年齢層が見受けられます。Sala(ホール)によって、音楽のジャンルも違いますが、人気はラテンアメリカ系、といわゆるポップですね。ラテンアメリカ系はカップルでレッスンにいったりと、結構人気のホビーなので、皆様ぴったり息だあってて、口の動きをみていると、間違いなく「1,2,3…..キュッ,2,2,3….右ッ」みたいなこといっています(笑)。”Grande Fratello” (英語版たと、Big Brothers っていうようですね)なんかにでてた「ちょこっと有名人」が営業をしにくるのもこんなとこ(爆)。あとは、小さなクラブ。飲めて、音楽もあって、踊りたい人は踊れますよ、ってとこ。こういうとこは、たまに、いくかな。飲み物だけ払えばいい場合も多いし、音楽の趣味にも合わせられるし、なんたって、服装コードがない(笑)。で、日本にはあまりないかな、って思うのが、「高年齢の人も楽しめる」ディスコテーカ。前ね、彼のパパとその彼女を送っていったことがあるんだけど、すごいよ。50代の女性が超若く見える。杖ついてる人までいますから。音楽も70年代ポップから、チークダンスまで、あきさせない内容となっております(爆)。


私は、B型のくせにかなり心配性なので、1)知らない人の車には、友達の友達でも乗らない。2)ふたりきりにはならない。3)住んでいる場所、仕事場所は明かさない、の3つを守っておりました。この3つを守っておけば、まず身の安全は保障されます(笑)。

あ、ちなみに、電話番号を聞かれたときは1)断るか、2)本当の番号を渡す、の2つしかありませんよ。この頃の男児は「うそ番号」経験者が多いのか、その場で「じゃ、君の携帯ならすね、僕の番号も携帯に残るし…。なんてことになりますから。この言い訳は、断るより、面倒なものありますし…。おばちゃんのようですが、ちょっといい人いても、「一緒にお店(クラブ、バー)に入った人と、一緒にお店をでる」ってのは「鉄則」でっせ。特に、外国にいる場合、たった、3時間で人を知りぬくことは不可能ですからね…。

飲み物をおごってくれる人には、遠慮なくおごってもらいましょ(爆)。でも、バーテンの人と超お友達っぽいときはやめときましょうね。あと、カウンターには絶対ついていって、バーテンさんから、直接グラスはうけとりましょう


で、男どもを観察していると、やっぱり「付き合いたい、いい感じ」ってタイプの男児たちは(もちろん個人的な嗜好によりますが)、いわゆる「踊り場」から少し離れた壁際などにお友達(男児)らとビール片手に語り合ってはいるけれども、周りを観察している様子はあまりないですね。格好もお昼間にあってもたぶん同じ格好してるんだろうな、って服装。

っで、こいつらとは「絶対付き合いたくないな」って男児たちは、やっぱり周りを「超」観察してる(爆)。それも、暗い店内で「サングラス」かけてたり、あっついのに、ニット帽かぶってたり、Tシャツに「D&G」って超でかく書いてあったり、とにかく不自然で、とにかく匂う。でもこのたぐいは、私のような30目前には、「アカゴ」にみえる若者たちなので、向こうもおばちゃんは、眼中にはないよう(爆)。昔、声かけられて、私は彼が若造なのはわかってたんだけど、どうも日本人って若く見えるんだろうね、向こうが一生懸命「大人」話するのを、かわいそうなんだけどおっかしくてしばらく聞いてたのね。話からすると、高校生なんだろうね、スクーターできたけど、もうすぐ車を買うだの、そしたら、乗せてやるだの、ま、17/18歳なのでしょう。私に「いくつ?」ってきくので、「26(だったの、あの頃は)」っていったとたん、目に見えるかたちでひかれたからね…(笑)。

あと、30代で、とにかく「女に餓えている」男児。とにかくいけてないんだけど、「音楽きくと、自然に体が動いちゃうんだよね、音楽にあわせて肩だけはいつも揺れてますよ」「僕らいけてますよ」タイプ。たまに、みてて、心が痛むし、目を背けたくもなるんだけど、行動が「人間性」もあって「ストーリー性」を帯びているので、見始めると目離せなくなる。あっちこちで、”what is a nice girl like you doing in a place like this(でしたっけ、英語の有名な一言めって)?”みたいな行動をとってるのをみると、おもしろい…。それも、彼らはすぐ「飲み物」を買ってくれて、女の子が消えたとたん、わ~ッっと集まって途中経過報告、見たいな(爆)。私らは、いつも彼らの横に陣取り、男児たちの話をきくのが好きです(笑)。男同士の励ましあい、とか結構おもしろいですよ。「おい、お前もっと積極的にいけよ」「電話番号きいた?」「ぜ~ったい大丈夫だって、あの目は好意をもった目だったし」みたいな(爆)。

40~50代で、「若い子専門」な方々。自分も40~50代のくせに、30代を「老いている」カテゴリーにいれこみ(同年代は論外)、「若い彼女=いけている自分」っていう方式を勝手に作っちゃう人たち。お金のにおいプンプンさしてますし、着ている物も上質。カラフルなコットンパンツに、はだけたワイシャツ。もちろん、大半は、シャツinのベルトキュッですよ。ビールなんかは飲んでおりません、大人ですし(爆)。日焼けはサロンにちゃんと通ってるから、若者よりもやけております。なんだっておごってくれるし、話す内容も大人(20歳の女の子に比べたらね)。でも、
「君、中国人?フィリピン人?」「違う。ほかのアジアの国。」「ほかのアジアの国?他にどんな国あるっけ?」「たとえば日本とか?」「え、日本人なの?横浜、東京?オレ、寿司だいすき、ブルースリーも好きだし、やっぱさむらいとかいるの?君って芸者できる?」みたいな(爆)。これってうちらが、「え、イタリア人?ローマ、ミラノ?私、カルボナーラ大好き。Andy Garcia好きだし。やっぱ、一家に一台ゴンドラ所有なの?あなたってオペラ歌える?」ってのと一緒でしょ。イタリアだってさ、ローマとミラノだけじゃないし、Garciaだってラテン系のお顔だけどイタリア人じゃないし…..。


んで、最後の「不思議っ子」な人々。まず「ひとり」行動。ひとりできているんだろうね。「ものすごく」踊ってたり、「ものすごく」さまよってたり、「ものすごく」下向いてたり。ちょっと「不思議」だったり、微妙に「不審」だったり、結構おります。前も、一人で「一生懸命」踊っている人がいて、とにかく局が変わると「YEEEEEEES」みたいな声まであげちゃってるし….(笑)。もう近くに人がいない、というか危険で寄れない感じの人がいたのね。でも楽しそうだし、いい汗かいていうようだし、ま、別に私には何の迷惑もかけてないし、って遠巻きにみていたの。そしたら、その数日後、市役所の近くのバールでひとりポツンとブリオッシュを食べている彼が….。ものすごく声とか小さくて、バールのお兄さんに「え、何食べたって?」って怒鳴られてました(爆)。もしかしたら、週末のストレス発散法なのかな、彼の….。


っとかなりまとまりのないことを書いてきましたが、結局は、日本人もイタリア人もいい男もいれば、どうしようもないのもいるわけで、あまり関係ないですね。ただ、育ってきた文化は違うので、それは、お互い尊重しなくてはなりません。その中で自分で相手に合わせられる、変えられる部分、これだけは変えられない、譲れない部分がわかってくるので、そのときはそのときで理解しあうことが大切なのでしょう。それは、もし私が将来(おこってほしくはないけれども)日本人と付き合うことになったら、またある意味で違った文化の中で生活してきたふたりなので、そこでまた問題がおこるのは極普通で、そう思うと、国籍なんてぜんぜん関係ないのだと思います。


ただ、私は日本へ行く際には、「なるべく」日本の文化にそぐって生活するように気をつけます。昔、アメリカ人が(もちろん全員ではないですよ)、日本で「アメリカにいるときとおなじような態度」で日本で行動しているのに、ちょっといやな、気持ちを抱いたことがあったんです。


また、将来、イタリアに旅行や留学でくるみなさま、私の↑のような考察を参考に、楽しむのは多いによいことだし、たまには「ウップス」って失敗もよいですが、とにかく「自分の身は自分で守れる」ことを第一にしてくださいね。とくに海外や、自分の知らない土地では、2度、3度考えてから行動するくらい、過剰な注意を払うくらいでよいのではないかと思います。一旅のアバンチュールもone-night-standも、自分の身が守れる自信がないのであれば取り返しのつかないことにならない前に、あきらめてもなんも失うものはないはずです。お酒もほどほどにしましょうね。私もハニーと一緒のとき、家まで絶対におくりとどけてくれる友達と一緒のとき以外は、1杯を目安にしています。イタリア男児の甘い言葉に酔いしれるのもよし、おだてられるのもよし、でも「もしかしたら、私は『カモ』?」って疑いつつ、「てめえらに、『カモ』扱いされるほど、わたしのレベルは低くない」くらいの「自己愛」をもって、のぞんでくだされると、よいのではないでしょう(笑)。

 
といいますのも、残念なことに、私過去3回ほど(日本人2回、韓国人1回)、イタリア男になかされている女の子を知っているのです。だから、夏が来ると、思い出すんです。3人ともまだイタリアに来て日が浅かったのね。もちろん、3人とも大の大人だから、彼女たちが「おバカ」だったといえば、そうなんだけど、やっぱ、こういう姿をみるのは、とってもつらいです。私、おばちゃんだから、どうしてもほっとけなくなっちゃうのよね....。もちろん失敗から学ぶのは大切だけど、やっぱり、体と心は大切だし、ひとことやかましくいうおばちゃん(=わたくし)がいてもいいのではないか、っと、ダラダラ、書いてみました。そのうえで、どういう行動をとるかは、自分しだいですもんね。

[PR]
by piccolamirai | 2007-07-26 21:19 | イタリア人

イタリア人。

昨晩は初「蚊」に出会ってしまいました…。VAPEをもうつけなきゃいけないかな?

今日はめっづらしく「イタリアええや~ん」って思ったことがあったので、忘れないうちに一筆(笑)。
2年間もたいてい毎日おんなじ電車に乗っていると、いやでも顔見知りになります。そのうち、電車に乗ると席がちゃんと確保されていたり、ストライキ情報などをわすれず伝言してくれうようになり、疲れていて一人になりたいときなどはうざったいな、って思うことはありますが、なんたって情報がかなり不確定なイタリア、ありがたいな、って思うことも多々あります。
先日、残業が少しのびすぎて、いつも乗る電車ぎりぎりになって駅に着きました。ホームを見るとドアが閉まるとこ….。線路を横切るにもどうもまにあわなそう….(線路はけっして横切ってもいいものではありませんよ。見つかったら注意されます…..)次の電車は20分後…..。それも各駅停車…..。あ~、って思っていると、窓から数人、それも知らない人が顔をだして、車掌さんに向かって「あのこも電車に乗ります。ちょっとまって。ドアあけてやって」ってどなってるではないですか….。どうもひっしこいて走っている私の姿が電車から丸見えだったのね(笑)。知っている人でもありがたいのに、こうやって他人に「無関心」でないのがイタリア人。悪く言えばおせっかいなんだけど、よく言えばもんのすごく人間くさくて、いいな、って。日本って(もちろん絶対論ではありませんよ。Generalにはなしてでのことですよ…)ちょっと「無関心」なとこないでしょうか?て私は日本に戻ると思う瞬間が無くも無いんです。

でも、彼は日本人はとっても親切で困っている人を絶対ほっとかない、イタリア人とは違う、っていっております。ていうのも、日本にいったときに、わたしが私事をしている間にタバコをすおうとしたらしい。なんだけど、ライターがみつからない…。そんな時、ベンチに座っていたおっさんが、火をかしてくれた上、ライターをプレゼントしてくれたらしい。その上、たどりない英語で日本を楽しんでください、っぽいことをいわれたらしい….。また別の日、セルフサービスの食堂でふたりでお寿司を食べていたとき(あのね、漁業会館みたいなとこで、注文して受け取って、テーブルのあるとこで適当に食べる、ってシステムだったの)、横にいたおばちゃんグループが、「こうやって、セルフで飲めるんよ」ってセルフサービスのお茶をいれて持ってきてくれたのです。

旅行で海外に滞在するのと、生活で滞在するの、また外国人であるのと、その国の人であるのって違うのかもしれませんが、こういう小さいことでも『国』に対するイメージがダッダ~ンってよくなるんだな、って改めて思いました。ね、面白いですよね。たった一人の一言だったり、一言動が、「国」っていうもんのすごくどでかいもののイメージを作っちゃうって。私的には、彼が幸運にもこういうpositiveな体験を日本でしてくれたことをすごくうれしく思い、将来においてもそれを裏切らないでいれたらな、って思います。
[PR]
by piccolamirai | 2007-05-25 16:35 | イタリア人

滞在許可証part2

1月15日に郵便局を通して送った、滞在許可証申請届け。
これが郵便局を通して、Romaかどっかに一箇所にあつめられ、書類を審査した後、所轄のquesturaに届けられ、書留で召集される、っていうのが一応の流れらしいです。

この進み具合はintenet上で確認もできます。http://www.portaleimmigrazione.it/の"area riservata"に書類を出したときに引き換えでもらった、IDとPasswordをいれると今、どこまですすんでいるかが確認できます。

このときに、passwordの『-』は省いて入れてください。

ここで、書類不具だの、PSE不足などあってもあんまり気にしなくていいと思います。私の場合も、はじめはPSE(Permesso di Soggiorno Elettronicoだと思います)不足ってあったので、どういう意味か確認したところ、30euroの印紙がたりない、っていわれましたが、そのうち「不足書類なし」にかわっていましたし。

基本的にpermessoの更新・申請に必要なコストは以下のとおりなはずです。
- 27,50euro
extraUEの人で、90日以上の滞在許可証を申請する人のみ(よってほとんどの人ですね)
支払いのための用紙は郵便局でくれます。
- 14,62euo
  これはmarca da bolloなので郵便局に行く前に手に入れときます。
- 30euro
  これは郵便局で直接払います。

この後、郵便書留で『書類が届いたので、写真4枚とpassport、申請時にそろえた書類とこの郵便書留をもって、何月何日、何時にどこどこへ来てください』っといったように召集されるわけです。

私の場合、internet上では召集されていたのですが、書留は届きませんでした。questuraに電話したところ、「あ、ほんとだ、書留のリストにのせ忘れました」ってさ(怒)。とりあえず、書留はまたず(笑)、そのまま、自己召集で、questuraに向かいました。ちょっともめましたが、ここはイタリア。強気に、しばらく話していると「もう、いいさ。入りなさい」ってことで無事questuraに潜入。

相変わらず、列を作るとか、番号を配るとか、そんなことに興味のない人々なので、しばらくすると混乱してきますが、以前よりはかなりスムースにすべてが進んでいきます。

中に呼ばれると、permessoに乗せるサインの確認、指紋(昔みたいに、真っ黒になりませんよ。「機械」です、「機械」!!)、んで、2ヵ月後には準備できますから、ってことでした。

つうことは、6ヶ月かかる、ってことですよ。私は滞在許可証がきれる90日前に手続きをはじめたのに、これですからね。でも、今は「申請しました」の受取証で、海外もいけるようなので、あんまり困ったことはなさそうです(たぶん)。

いつまた変わるかわかりませんが、これから申請する方々、早め早めに始めることをお勧めいたします。
[PR]
by piccolamirai | 2007-05-07 22:21 | イタリア人

おともだち。

f0034647_2155509.jpg



と、そんなこんなで私のイースター休暇は過ぎていきました。
来週はこの4人で週末Madridです。飛行機恐怖症の私、生まれて初めて「低価格飛行機=Easy jet」に乗り込みます。

私の飛行機恐怖症はかなり重症だったのですが、ここのところ、仕事やなんやで乗る機械が増えたせいか、「爆睡」できるようになりました。いままでは、機内で「アルコールを浴びるように飲んで、眠くなるぞ」作戦でがんばってみましたが、結局一睡もできず。最大公倍数を計算しながら、すべての映画を観きっておりました(笑)。それがここ1年半ほど、機内じゃなくて、飛行機に乗る前に飲むのがいいことがわかり、最近は飛行機になる前には男前に、ビールを2パイントほどあおっています。自慢できる話ではありませんが、これで過去一年全戦全勝。日本へのフライトのときでさえ、お目目が開いてた時間は2時間弱でした(笑)。たぶん、男前に寝ていたことであろうと、思います(苦笑)。

ちなみにこの4人はなかなか、気が合いまして、週末はしょっちゅう一緒に行動しています。私はどちらかというと「都会っ子」なのですが、彼らは完全なる「田舎っ子」。私は、ファッションや、新しいセレクトショップの話なんかも興味があるのですが、彼らは、極、普通に「建設機」だったり、「どこの肉がうまいか」なんて話をします。「どこどこでみた建設機、かんなりすごくて、いつかは運転してみたいよねえ」とか、「おばさんが牛一頭買ったから、分けようか」とか、私の28年の人生で一度もしたことのない話題が延々と続くわけです。

そのわりにうまくいっているのは、おそらく全員、かなりの「単純」人間だからかもしれません。この4人のほかにあと、1カップルいるのですが、一緒にいてもそれぞれ、目の前でけんかするし、もめるし、ふくれるし....仲直りもするし。周りはあんまし気にしないし...。そのうち、『女』vs『男』になって討論しておしまい(笑)。この前は、「元彼女にばったり遭遇したさいに、女がふくれるのはいけないか」論。私がちょっとしたことから、すねたのがはじまりでしたが、最後はグループディスカッションに。私の場合、外国人ってことからくる変な「私はみんなが持っているのに、もっていないものがたくさんある」的気持ちがたまにでてきてしまって、それが、生理前なんかと重なると、ひとりで一方的に落ち込んだりするんです(手に負えないでしょ(あははは。))...。こういうときに、彼女たちが「わかるわよ、その気持ち。私だったら、もっとひどいことになってたし」だの、「それは彼の配慮が足りない」だのボンボンいってくれると、「あ~私だけじゃないんだ、普通なんだ」って安心したりするのです。

単純人間たちは、また、立ち直りが異常に早く、終わったことは終わったことと、流すのも早い。基本的に、あまり深く物事を掘下げないし、気にしない。だから、「もっと、深く読んでくださいよ、この言葉、表現の裏にある私の真実を....」とか、「この表情、この間のとり方とか...」と思っても無駄...。私も日本人にしてはかんなりダイレクトで単純なほうだとは思っていますが、彼らに比べるとかんない複雑っ子なのかもしれません(笑)。私もかなりこんな彼らになれてきましたが、「気配り」精神のある日本人にははじめはかんなり疲れました。彼は私といることが多いせいか、少しずつ私のそういうとこにも気がついてきて、私が「疲れていません」っていっても、「本当に疲れてない?」って聞いてくれるようになってきました(ホッ)。
以前、彼女は爪立ちしているダイヤの指輪をつけはじめたし、彼はやたら「子供」の話をするしていうカップルをみたので、「あの人たち結婚するかもね、」っていっていたら、その半年後、彼ら結婚することになったんです。いまや、私は未来を読む能力があるのでは、っていわれますから(笑)。普通、気がつくでしょ、ってのに(笑)。

あと、約束がかなりabout。約束の時間になって「寝ちゃった」とか「これからシャワー浴びて家でるから」っていう連絡あること多々。れ楽あればまだいいほうで、連絡ないことも多々。連絡なくてもあんまし、気にしない。そのうちくるだろ、とか、どうせ寝ちゃったんじゃん、程度の会話があるくらい....。これも慣れました....(笑)。
日本人の私は、「私なんか遅れないように、見たかったテレビも我慢して、シャワー浴びて、髪も乾かしたのに、お前ら見てから来るってどうなのさ」って思うことはいまだ多々ありますが、このごろは、「後、10分で終わるし...。見てから行こう」って、一応前もって遅れることは連絡しますが、少しずつ確実にイタリア化してます。ま、誰と待ち合わせをしているかによりますが...。

今日は私の大好きはCSIもあるし、どんなにけなされようが、ちょこっとO.C.もみたいし...。キャルフォニア~、キャルフォニア~ってとこですね。ミーシャ・バートンもかわいいし(笑)。ただ、見た後、もんのすごい疲労感に襲われて、見なきゃよかったなって思うのが常なのですが...。たまに、見たくなるんです....。
[PR]
by piccolamirai | 2007-05-03 22:06 | イタリア人

そういや...

そういえば、日本にいったときにGAPで喧嘩になりました。「喧嘩」っというよりは、私(ワタクシ)が一方的に腹をたてて、すねたのですが...。

GAPで楽しく円安ユーロ高現象を楽しんでいたワタクシ。ふと、彼がやってきまして、一言。

彼 「今ね、すんごくきれいな女の子みたよ」
私 「ふ~ん、私よりもきれい?(聞いた私もおバカですが...)」
彼 「う~ん、fisicamente/phisically Si/Yes

えええ"え"え"え"??!!「物理的、体格的」には私よりきれいだと??!!

(間違っても、私がもんのすごくいい体をしていて、きれいで、張り合おうっとしているわけではないですよ。私、ちっびっこだし、おっぱいもないし、足も短いですから。はい。)

私 「どういうこと?そういうのって言っていい訳?」
彼 「だって、僕は君の内面もひっくるめて好きなわけで...」
私 「だ~っとしても....!!"外面"は彼女のほうが良いっという発言は現実にはそうだとしても、口にするよは実に実にいけてない。っつうか、落ち込んだ。」
彼 「だって、君だって体格のいい男の人通ったら、みるでしょ。んで、"ああれ、見た?"っていうでしょ?」
私 「"あれ 見た?"と、"あなたよりいい体してるね"はかんなり違う」
彼 「そうかもね、ごめんね。」
私 「やっぱ、私が一番でしょ?」
彼 「うん。あたりまえじゃん。もうここでおしまいね、この話」
私 「うん。ビールのみにいこっか、とりあえず」

もう、最後の数行だけみると、もう勝手にしてください、この二人、なんだけど、腹立つでしょ?いまだに、今回は彼が間違ったと思っております。ま、よ~く考えたらどうでもいいのですが.....。
[PR]
by piccolamirai | 2007-03-06 20:58 | イタリア人

滞在許可証。

f0034647_2113349.jpgf0034647_212999.jpg


通学前のミライ....うそ。

んなことはどうでもいいのですが、本日、私、ミライの母は、外国人(EU外)である限り避けては通れない、「滞在許可証(permesso di soggiorno)の更新へいってまいりました。

先月からプロセスが変わったのですが、なんたって、「準備できてから行動に移す」ということをしらないお国ですから、とにかく正確な情報がわからない...。とりあえず、必要になる可能性のあるものすべてを準備しておきました。

私の場合、労働ビザ(subordinato)の更新だったのですが、

1)郵便局で"KIT"と呼ばれる、封筒+申請用紙をもらう。
  → 話によると、これが結構難関で、ミラノなんかでは、もう闇屋さんで、数百ユーロで売買されているらしい。でもさ、な~んで、もっと準備しないんでしょう、別に制限がある話でもないのに...。私は、小さな町の小さな郵便局でもらいました。

2)私の場合、(autonomoなどの人は直接郵便局に申請用紙(modulo)を記入して持っていけばよいようです)、その封筒をpatronatoという、いわゆる労働局、などから依頼を受けて、申請用紙(modulo)を記入してくれるofficeへもっていきました。
   →電話で行く前に必要書類の確認をしたところ、今もっている滞在許可証と、パスポート、会社との契約をもってくるように、とのこと。心配性というよりは、もう過去コリゴリしてきた私はとりあえず、紙袋いっぱいに、必要そうな書類をすべて持っていきました。---------> やっぱり必要でした。どこのofficeも必要書類というものに関して、正確に情報を得ていないため、必要そうな書類はすべて同封しておくに超したことはなさそうです。

1) パスポートのコピー(全ページ)
2) 滞在許可証のコピー
3) codice fiscaleのコピー
4) tessera sanitariaのコピー
5) certificato di residenzaのコピー
6) contatto di affittoのコピー
7) contratto di lavoroのコピー
8) ここ3ヶ月の給料明細
9) 2006年のCUD(税金支払い証明のようなもの)
10) 後、本籍地と出身地の違う人は戸籍抄本か謄本かのイタリア語訳(日本大使館で訳してもらったもの)をつけておくとよろしいいかと。私の場合出生地がオーストらリアなので、本籍地ではなく、出生地しか聞かれないイタリアでは、とってもあとあと苦労するのです...

情報までに...私はこれをすべて封筒にいれ、封をしないで、きめられた郵便局に14,62euroのmarca da bolloをもってもっていきました。
そこで、さらに、30,00 + 27,50euroを支払いおしまい。古いpermessoは手元にもこるので、新しいのがでてくるまで、それで、海外にも出られるようです。
目安としては、3ヶ月前には手続きを始めるようにとのことです。
さてやら、これからどうなることやら...


私のここのことろの生活は「仕事」一本。それこそ、「働く鬼」状態です....。週末は「まったり」ってとこですかねえ。salesにもいきたいのですが、人が多すぎて、すぐ疲れてしまって挫折。それに、今年はあんまり、「私を呼んでくれる」ものたちがいないみたいよう...。3月には日本にも帰りたいので、無駄遣いをしないよう心がけていく予定です。
[PR]
by piccolamirai | 2007-01-15 21:32 | イタリア人

理不尽だと思うこと。

市役所にて。
なんで、窓口が10(個?)もあるのに、1つしかあいてないんだろう??

駅にて。
切符売り場もしまってるし、自動販売機も故障中。なのに、切符なしで電車には乗らないように、って............。

電車の中にて。
駅と駅の間で、もう10分以上停車していますが、なんの放送もないのですが.....。


もう慣れたけど、やっぱり、不思議。
[PR]
by piccolamirai | 2007-01-10 21:35 | イタリア人

電車。

イタリアの電車事情がよくないのはみなさんご存知だと思います。

5分遅れは遅れではないのか、アナウンスもないし、平気で30分とか遅れるし、放送もかなりいいかげん。
電車こないのに、または到着しているのに、アナウンスもなかったりするから、毎日乗ってないと、何がなんだかわかんなかったりします。

その上、24時間ストライキが1回、多いときは2回/月、とかあるので、電車通勤の私にはかなりつらいのです。もちろん、遅延届けなんてありません。

朝は寒いのに冷房ガンガンで凍りそうなくらい寒いのに、帰りは8両編成の6両が冷房こわれてて、残りの2両は1st classだったり。それも、1stなんてガッラガラだったりします。ドアがあかなかったり、窓が開けられなかったり(冷房車では、窓が鍵でしめられてて、開かなかったりするんです。じゃ~、冷房常に正常に機能させてください"怒")。

今月は仕事帰りの電車がとにかく悪かった。アナウンス無し。いっつも家に着くのは予定より20分以上遅かったりします。

それも、駅が熱い。(もう"暑い"どころではありません。)だって"影"がないんだもん。

ところが~、昨日、おっそろしいことに、今月に入って3回目くらいかな、電車が時間より5分しか遅れないで到着したんです。それも"新車"。

中はきれいだし、二階立てだし、デジタル表示で 「時速」、「遅れ」、「内部温度」、「外部温度」、「行き先」とかでてるし。もう、びっくらこいてしまいました。

ところが、なんだか暑い。冷房、きいてないじゃん。表示をみると。


(外部気温) ->  35度
(内部気温) ->  38度 
(時速) -> 38km/時間
(遅れ) -> nessun(無)

中の方が暑いじゃん。で、時速38kmでも遅れないの?

あ~、やっぱりイタリアでした。

ここで腹がたっても、あっという間に「仕方ないな」って思える自分。近くの人と、「ね~、」って愚痴れる自分。

成長しました。
[PR]
by piccolamirai | 2006-07-20 18:47 | イタリア人



la mia vita con piccola mirai
by piccolamirai
カテゴリ
全体
mirai
つぼみ
パッパ
ラジエーター
special thanks

イタリア人
ハウス
Giappone!!!
悩み事
エスパーニャ。
情報。
子豚脱出計画。
2008年夏。
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism